« 【大阪十三】 満月のトリートメント モニター募集してます♪ | トップページ | 【からだのこと】 いわゆる好転反応ってやつです 発熱編 »

2014年11月 8日 (土)

【からだのこと】 本格的 冷え対策 

こんにちはhappy01

 
 
今日は 豆知識として、みおうが実践して、ぜひおススメしたい 冬場の冷え対策です。
 
冬はどうしても気温が下がるので、身体の末端が冷えてしまいます。
 
体内は気温が下がると、体温を保持するために、筋肉や関節を小刻みに震えさせて熱量をつくりだしますが、手や足は筋肉が細かく小さいために、その発熱方法では体温を保つことができません。
 
なので、他の方法で体温維持をしていきます。
 
とにかく体内の血液の温度を高くすることが大切ですね。
 
体温が高く保たれれば、免疫機構も正常に働き、風邪も疲れもへっちゃらになりますよ( ̄▽ ̄)
 
血液の温度を高くする方法です。ぜひ試してみてくださいね。
 
ずぼらのみおうでもできる方法です。
 
その1。 寝るときに湯たんぽでおなかを温める。(15分〜20分でOKです)
冬になると、小さな湯たんぽが販売されます。(700mlくらいの)
おなかをあっためるにはちょうど良いサイズですので、見つけてくださいね。
ホームセンターや、スーパーでも売っています。
なぜおなかを温めるといいのでしょうか?
実はおなかには常に体内の血液の60%くらいが あります。
その血液をあっためて、その温めた血液を心臓から送り出して身体を温めようという作戦。
おなかを温めたあとは、二の腕を温めるのがおすすめ。←冷え性の方、地味にここが冷たくなっていますよ。
 
その2。お湯を飲む。
これは、まさにそのまま、ひたすらお湯を飲みます。
ポイントは体温よりも高い温度のもの。
猫舌の方でも、飲める温度でいいので、試してください。
みおうの場合は、自宅にいるときに、保温ポットに入れて手元において、ひたすら飲みます。
冷めたら、熱いお湯ととりかえ、また飲む。目標は1日1.5リットルです。
わたしは「冬場のお湯ダイエット」 と命名しています。
もちろんただの水を沸かしているだけなので、味もカロリーもないんですけど、飲み慣れてくると、お湯って美味しいんですよ。
ぜひ騙されたと思って、やってみてくださいね。
あ、お湯に飽きたら、紅茶やハーブティーも飲んでください。
体温より高い温度のものであれば、大丈夫です。
(糖質の入っているものは、ダイエットにはなりませんよ(^-^))
3日も続けると、排泄癖がつくので、むくみも改善してきます。
お仕事で日中にお湯を飲むのが難しい方は、帰宅してからできるだけ飲むようにしてください。
 
なにごとも、ムリは禁物。でも、あきらめることはありません。
できることをできる範囲ですればいいんです。
 
1日、たった3分、がんばって歩く(筋トレで)。
たった3分でも、積み重ねれば変化は起きます。
なにもしなければ、今のままでなく、人体は老化とともに衰えていきます。    
 
肉体の場合、なにもしなければ変化しないのではなく、下降線をたどります。
 
ほんのちょっとでいいです、体のためになることを毎日しましょう。
 
できるよう工夫すること、それが大切だと思います。
 
 
マッサージに来ていただいた方には、身体の状態みて、生活習慣をきいて、あなたにぴったりの改善方法をご提案しています。
 
11月12月の施術予約、受付中です♪   メニューはこちら
 
☆新月のトリートメントモニター・満月のトリートメントモニターも募集中です♪
 
 
満月のトリートメントご案内はこちら メニュー詳細はこちら 
 
 
最後まで読んでいただいて、ありがとうございます (o^-^o)

« 【大阪十三】 満月のトリートメント モニター募集してます♪ | トップページ | 【からだのこと】 いわゆる好転反応ってやつです 発熱編 »

からだのこと」カテゴリの記事

みおうのつぶやき(日常)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2063440/57875534

この記事へのトラックバック一覧です: 【からだのこと】 本格的 冷え対策 :

« 【大阪十三】 満月のトリートメント モニター募集してます♪ | トップページ | 【からだのこと】 いわゆる好転反応ってやつです 発熱編 »